困ったら立直の天鳳日記

麻雀プロ(特南民)が天鳳位を目指すブログ

1月月間成績

深夜におはようございます。困ったら立直です。

 

今月がどんなもんか成績をまとめてみました。

 

                    12月   1月

1位率       0.278   0.247(0.031↓)

2位率       0.270   0.284(0.014↑)

3位率       0.245   0.237(0.08↓)

4位率       0.204   0.232(0.028↑)

平均順位  2.37     2.44

安定段位  7.46     5.77

 

www.komareach.work

 

まあ残念な結果になりました。これはちょっとラスが多いですね。まあ11月、12月の成績がすこぶる良かったのはただの上振れだったわけですね。これに気が付くまで3か月かかりましたよ。

 

今回の結果が今の実力。それかちょっと上振れ、それぐらいの考えをもっていかねば。押し引きをちょっと考え直した方が良いのかな。押し引き主軸にした戦術本といえばこの2冊かな?

 

 

とまあこんな風に読むことで勉強していた気になっていた自分でしたが、現雀王の堀プロからこんなnoteが投稿されました。

 

 

このnoteに書いてある通り、自分は読むだけで勉強していると思っていた側の人間です。そこらへんは下の記事を見てください。

 

 

www.komareach.work

 

それでも読むことは多分辞めないですけどね。 

 

 

他にも今月は最高位戦東海支部の交流会や、今年最初のタイトル戦である麻雀マスターズの北海道予選がありました。正直どちらも良い結果は残せませんでした。

 

www.komareach.work

 

天鳳界隈では現天鳳位のおかもとさんが2度目の天鳳位を達成。

 

 

少し前まで天鳳位を2回とったASAPINは化け物だっていう感じだったけど、これからは天鳳位は複数回取ってこそ実力を証明できるみたいな風潮になっていきそう。

 

もしそうなったら万年特民の自分はどうなってしまうのか....焦ってもしょうがないしコツコツ頑張っていこう。またここで鳳卓昇段報告ができるよう頑張ります。

 

 

仕掛けをリスペクト~困ったら降りとけ~

放銃率を下げたいのに放銃してます。困ったら立直です。

最近は立直したら暇なんでダンベルで筋トレしています。

 

やっぱ麻雀は筋肉だから。

 

f:id:koma_reach:20200222140639j:plain



マイティ・ソーだって言ってるし間違いない。

 

今回は筋肉不足で思考が追い付かなかった。筋肉勢のみんな是非とも教えていただきた。 

 

 

f:id:koma_reach:20200222140622j:plain

 

南1局親番で何を切るか。ドラは5s3s。上家は南ポン打2s。9m大明槓打2p(1枚目)。まず上家の仕掛けをどう考えるか。ラス目で1枚目の南から鳴いていった。索子はもってなさそうだからドラがらみではなさそう。大明槓をしたことからトイトイもなさそう。翻牌は残り中のみ。でも中を暗刻で持ってたら大体混一になって、そしたらマンガンがあって大明槓はしなさそう。

 

最後まで引っ張った9pはどういう意味があるのか。南家以外には比較的通りそうだから。関連牌とは限らないけど。筒子で打っても安そう。何なら6sあたりをきってもよさそう。

 

f:id:koma_reach:20200222140626j:plain

 

だけども実践ではそこまで考えが回らずストレートに3mを切っていった。親満、跳満まで見える一向聴。そこまで悪いとは言わない。

 

f:id:koma_reach:20200222140630j:plain

 

そしてこの東も止まらなった。聴牌したら打点は高いんだけど4-7sは5枚見え。あんまり聴牌しなさそう。だけども和了できたらトップがぐっと近づく。自分の手牌勘定でいてばどっちもどっち。

 

じゃあ前巡の3mとこの東はどれだけ危険なのか。まず上家の手役は何か。再び書くけどトイトイはほとんどない。なぜならツモり三暗刻を消してまで大明槓をする理由がほとんどない。仕掛けの部分だけを見たら混一はあり得る。じゃあ8mを切ってまで9pを残すのか。今回はそうだったけどあまり考えにくい。

 

そもそも本当に打点があるのか。まだ南1局。2000点の仕掛けだってあるんじゃないのか。たとえば南、赤1の聴牌とか。この点差なら南はスルーしないのか。ドラの5sも使えるように索子をバラ切りしないのではないか。

 

考えてもわからない。点差だけを考えるならば、満貫を打っても2着であるため、多少押し気味に行ける。放銃してラス争いになりそうな点数であるならば6sを、多少余裕があるならばまだ押してもいいのかな

 

今回は本当にわからないからこうした方が良いとか特に言わずに終えたいかと。というよりもみんな教えてほしい。みんなはどういう理由でどうするのかを聞きたい。たくさんのご意見お待ちしております。

 

現在の成績

26-27-26-25 1170/2400

東海支部交流戦

こんばんにちは。一部では退助じゃないかとささやかれている板垣隼基です。

 

twitterで最高位戦関係の方をフォローしている方はもう知っているor参加したのかもしれませんが、26日にこんなイベントがありました。

 

 

f:id:koma_reach:20200222140540j:plain

 

東海支部からはるばる海を越えて北海道までいらっしゃいました。まず思ったことはすっごい元気。活力と行動力の塊みたいな方々だった。

 

今回は(全員がメインだけど)伊藤高志プロが主軸(というよりパパ)的ポジションだった。自分はどうも名前を覚えるのが苦手で、交流会中は心の中では伊藤高志プロのことを東海のパパと呼んでいた。

 

実は東海のパパはYoutubeもやっている。

 


【南二局】2半荘目 とりあえず対局してみた【Mリーグルール】

 

これは支部の活動とは別で彼らが独自でやっているようだ。さすがの行動力である。そんなパパの今回の交流会での結果は 

 

 

なんと3位である!さすがパパ。ちなみに自分は1.1.4.4で20位で終わった。最高位戦ルールより協会ルールのほうが向いてるのでは?

 

今回の交流戦はいい刺激になりました。もっとうまくならないとって思ったし、最高位戦の人間としても彼らのようにもっと行動を起こしていかないと思いました。いつか名古屋に出張するその日まで。もっとうまくなって彼らを驚かせましょう。

 

記憶と音楽の結びつき~〇〇を聴くとラスったのを思い出す~

おはこんばんにちは。困ったら立直です。

 

今回は天鳳とかそんなに関係なくただの雑談です。

 

僕は暇があればずっと音楽を聴いています。これはもう昔からで、大体小学校の中学年くらいからそうです。どうしてそうなったかというと、大体ハルヒのGodKnowsとらき☆すたのキャラソンが悪い。可能であればイヤホンをさして親と姉に隠れてこっそり聞いていました。

 

そしてこのころPSPを買ってもらったおかげで、堂々と隠れて聴けるようになりました。ライオン、you、メルト、ダブルラリアット etc...ドはまりしていました。

 

時は進み、高校生の秋だか冬だか。とうとうiPodを購入しました。多分第5世代ぐらいです。そのころまで聴いていたのは東方とか歌ってみたとか、いわゆるニコニコのコンテンツでした。そんな僕が突然、いわゆる普通のアーティストにはまりだしました。一つはback number、もう一つは家入レオ

 

back numberは当時深夜帯に放送されたドラマ高校入試の主題歌"青い春"にはまったせいです。家入レオは本当に偶然で、当時absorb (that is halyosy)というアーティストの

bless you という曲が好きで、youtubeで検索し、間違って家入レオのbless youを聞いたことではまりました。

 

 

ipodにたくさん曲を入れてずっと音楽を聴いている日々。どうも昔の僕は好きな曲を発見すると、その曲を永遠と聞き続ける症候群でして、ずーっとリピート再生をしていました。

 

そしたらある日、こんな現象が起きるようになりました。ある曲を聴くと、その曲を聴いていた時の記憶がぼんやりと思い出すようになりました。

 

back numberの半透明人間を聴くと高校の学校祭でテントの前での作業を思い出し、ガルデモのCrow Songを聴くとドラクエJoker2をやっていたのを思い出し、宮崎菜穂子のぴっかぴかを聴くと大学生になって初めて一人で東京に行って参加した麻雀の大会で最終戦でラスを引いて代表入りを逃した日の夜を思い出したり、SPYAIRrage of dust を聴くと大学の卒業旅行で行った伊勢神宮を思い出します。

 

ちなみにAqua Timezの決意の朝にを聴くと辛いって言いながら天鳳で5ラス引いたのを思い出すので少なくとも天鳳中は聴かないと決意しました。

 

こんな風にどんなにいい曲でも辛いときに聴いていた曲は、今でもちょっと辛いのを思い出したりします。新卒で入社した会社から配属された現場では、仕事と空気が嫌でよくトイレに逃げてサイダーガールの夜が明けるまでを聴いていたり、雀荘勤務時代は出勤までの道のりはヨルシカのただ君に晴れを聴いてました。

 

今でもこれらを聴くとちょっと辛くなります。でもいい曲だからみんな聴いてほしい。

 

ここ数年は、アーティストにはまったおかげでライブに行くようになりました。back numberが好きで、ファンクラブに入り、大学の卒業式の次の日には札幌でライブに参加したり、大阪までライブに行ったり。

 

でもどんだけ曲を聴いてもライブのことは思い出せなかったです。やっぱあれは別物ですね。清水依与吏さん歌うめぇんだ...いつかライブで黒い猫の歌を聴けるのを楽しみに待ってます

 

人生まだまだいろいろな曲を聴いて生きていくんでしょう。一刻も早く天鳳で勝てる曲を見つけねば。今のところback numberの聖者の行進で12連帯が一番かな?(ちなみにトップ1回)

弱いリーチ~困ったら降りとけ~

一半荘目はラスから始まる。困ったら立直です。

 

いつも通りMリーグを流しながら天鳳をやっているのですが、いっつも同じCMが流れるじゃないですか。去年なら空気がシチューの味していたし、今年はマーケットインな発想でバリュープロポジションを提供しているじゃないですか。

 

そんな中CMが変わるとおおっ!ってなって、特に僕だけが17歳の世界でがすごい好きな雰囲気。どうせ見ないけど。

 

そんなことはおいといて今日も放銃を見てみましょう。

 

f:id:koma_reach:20200222140400j:plain

 

はい。6sで放銃しました。この6sだいぶ通りそうじゃない?と思って切りました。今見てもすごい通りそう。塔子落とし立直ってそれまでに切られた牌のマタギはだいぶ通る。だからここで気にするのは6sが放銃となったことではなく、この程度の手で親とは言え立直をしてよかったのか。

 

きっとこれがもう少し強い待ちだったり、打点が少なくとも2翻、できれば3翻あれば立直で問題ないだろう。これはどちらも満たしておらず、ちょっと心もとない。強気に3m切りや6s切りダマなんかもよかった気がする。

 

f:id:koma_reach:20200222140357j:plain

 

オーラスラス落ちとなった放銃。対面は發ポン打5s。6pカンチャンとは思わなかった。5sのマタギ両面か、萬子待ちかなと思っていたら赤5pを無理やり使ってどこからでも出和了オッケーの形にしていた。8pと赤5pのスライドでこの形になったみたいだ。

 

これはどうなんだろう。しょうがないのかな。それとも西の対子落としなのかな。でも西の対子落としはラス落ちしたから無理やり今作り出した選択肢感がスゴイ。ちなみに今引いてきたのは3pで、それまで筒子は44667の形で6pは非常に切りづらい。よし。これはそもそもこんな点差になったことが悪いことにしよう。

 

現在の成績

24-25-23-25 960/2400

放銃を減らせ~困ったら降りとけ~

目指せ守備型。困ったら立直です。

 

現在の放銃率はちょうど12%。余計な放銃を減らせば11.5%ぐらいまで落とせるんじゃないかな?必然的に和了率も今までより下がるんでしょうけどどうなることやら。ただ守備ができるようになって損はないしいろいろやってみよう。

 

f:id:koma_reach:20200222140151j:plain

 

これはしょうがないでしょう。対面の3sが結構押しに見えたけどだからと言って9pは止まらない。仕方のない放銃ってものに分類しても良かとね。ここはそれよりも西が打たれた時にどうするかを考えてたんだけど大体鳴いて3s切りだよね。でも3sが通ってなかったら西はスルーしようかなって感じ。

 

ちょっと前なら西を鳴いて満貫ならゼンツだったけど、今回は親の仕掛けもあり、捨て牌も濃いのでリスペクトしよう。

 

f:id:koma_reach:20200222140156j:plain

 

これは要審議。親が9sをチーして打3m。次巡に手出し2m切り。4センチで手出し両面塔子落とし。直感的に思ったことは一向聴段階でヘッドレスの両面両面。そこからの単騎コロコロ。

 

2mと4mなら単純枚数と場況の良さで2mだろうから通るだろうと思ったら、まさかの放銃。どうやら2mは空切りだったみたいだ。

 

自分の手牌は4mを通してやっとこさ一向聴聴牌するためには1sも通さなきゃならない。上家に1sってどれくらい通るのかな。結果的に上家のほうが筒子と単騎コロコロだったけど、どちらかというとソーズのブロックがありそうと思っていた。

 

でもこうやって記事に書いてみると4m1sと切り飛ばしていっても問題なさそうに見える。上家に1sあたるときってほとんど2000点だし、親に4mもこの空切りの時ぐらいにしか当たらなさそう。(あったら教えて) この後安牌が続くわけでもないしこれはまあいっかな。まあラスるんですけどね。

 

 

f:id:koma_reach:20200222140159j:plain



最後に一つ。気持ちよく7p引き立直したらトイトイ三暗刻に放銃。こんなの放銃した側はどうしようもない。何ならダマでありがとうという感じだ。でもダマにする気持ちもすごいわかる。愚形の満貫で相手は親、しかも現物と来た。自分も黙る。だけどもツモればほぼほぼゲームエンドに持っていける。おそらく降りなさそう。つまるところダマにしていた理由は2pでひょっこり和了するため。その2pが出てこないのであればどこかでツモ切り立直する選択肢もあるんだろう。

 

でもどうすればいいんだろうなー。いっつもこういうのむやみにリーチしていたけど、考える要素がいっぱいある。トップ優位なルールなら上の場面なら聴牌即リーしそう。最高位戦ルールだったり天鳳ルールならダマプッシュが良いのかな。それともルールによらないのかな?誰か教えてください。

 

現在の成績

22-24-21-24 900/2400

 

放銃率を下げるために考えるべき2つの場面

放銃率が一向に下がりません。困ったら立直です。

 

冷静に考えて下げるような努力をしていたわけではないですから当たり前っていえば当たり前。

 

そもそも、この放銃率はどうやって決まっているかというと、みなさんご存じの通り以下の式で求められます。

 

放銃回数/全局数

 

なので1局目でダブロン放銃だと放銃率は200%になってしまいます。とまあ単体の値としてはそこまで参考になりません。基本的に放銃率は和了率とのバランスが大事です。

 

よく言われるのが

 

和了率-放銃率≒10.0%

 

だと良きバランスだといわれています。

 

 

こちらはzoo1964@天鳳さんのつぶやきを(勝手に)拝借したものです。

 

これを見ると差は9%もあれば十分みたいですね。それにしても4麻W天鳳位のASAPINと3麻4麻天鳳位の太くないおの両名は化け物みたいな数値たたき出しますね。

 

とまあ指標があって悪いことはないでしょう。やはりこういう時天鳳はいいですね。自分がどれくらいのバランスなのか数値ですぐわかる。

 

ではこの指標から離れているプレイヤーがこの値に近づこうとするにはどうすべきか。それは放銃率を下げることです。

 

和了率を上げることも重要ですが、それは誰でもできるわけではありません。人によって雀風といわれるものだったり、スタイル、打ち方といわれるものが存在します。僕はこの存在を否定しません。何なら肯定派です。

 

データが大量に生まれ、期待値やらを算出できるようになった以上、その期待値が最大となる選択を取り続けるのが最良であり、雀風というのは最良の選択ができない人間の甘えだ!という過激派も存在しますし、言っていることは理解できます。

 

ただ、短い時間でそんな細かい計算をできない以上あくまで机上の空論となってしまいます。そういうのはAIに任せましょう。彼らは計算し、最も良い評価となった1打を常に打つことができます。それができるだけのマシンパワーも技術も発達してきました。確立と統計で打つ以上、人間はAIに対して勝ち越すことはできないのです。

 

常に固定の人間で戦うなど、確立と統計以外で占める割合(いわゆる対人要素)が増えればどうなるかは知らないです。ここら辺はまた今度詳しく書こうかなと。

 

話が脱線しましたが、人それぞれ雀風があります。面前主体であったり、副露主体であったり。当たり前な話、副露率が高いほうが和了率は高くなりやすいです。なので和了率を上げるためにもっと鳴けというのはいささか乱暴かと。いつか直面する問題だけれども、今ではない。優先順位はもう少し後。

 

ただ放銃は、攻め方によらない部分が存在します。それはどんな時かというと、自分が聴牌しておらず他家へのダマ聴以外の放銃です。

 

ようはノーテン時に他家の立直仕掛けに対してどれほど放銃を減らせるかが放銃率を下げるために重要だということです。この2つの局面はすべてのプレイヤーに等しく訪れます。

 

この時の対応の差によって初~上級者まで分かれるといっても過言ではないでしょう。僕は副露に対しての対応が苦手です。ゆえにまだ5~6段をうろちょろしている感じです。 

 

なのでこのブログでは今後立直よりも放銃についてピックアップして書いていこうかと思います。そして、余計な放銃を減らすことができれば鳳凰卓に上がれることを証明して見せましょう。