困ったら立直の天鳳日記

麻雀プロ(特南民)が天鳳位を目指すブログ

風邪をひいても天鳳~困ったら休め~

ラスりました。困ったら立直です。

 

体調が悪いときはちゃんと休むべきでした。熱が38度ほど。さすがに休もうと。その日予定が入っていた人狼会をドタキャンして帰宅。

 

しかし、帰ってきたらいつものルーティーンで天鳳を起動。その結果がこれ

 

f:id:koma_reach:20200211200141p:plain

 

一気にptを失い気分も悪くしてしまった。どんな感じでラスったかというとこんな感じだ。

 

f:id:koma_reach:20200222142611j:plain

 

追っかけ立直に負け

 

f:id:koma_reach:20200222142616j:plain

 

仕掛けにも放銃し、

 

f:id:koma_reach:20200222142619j:plain

 

ダマ跳満に直撃しラス。

 

f:id:koma_reach:20200222142623j:plain

 

俺にどうしろと...これは神様が休みなさいといっているのか。それでもptを増やすために何度も右3を押す

 

 

f:id:koma_reach:20200211201259p:plain

 

もうだめだ...おしまいだ....

 

アガレない症候群を発症して安定のラス。オーラスの怒涛の3連打も全て不発に終わってしまった。

 

f:id:koma_reach:20200222142626j:plain

f:id:koma_reach:20200222142630j:plain

 

f:id:koma_reach:20200222142635j:plain

 

f:id:koma_reach:20200222142601j:plain

 

f:id:koma_reach:20200222142607j:plain


 

渾身の対々も報われず。連ラスで心が折れそうなあなたへ

 

 

 

現在の成績

24-18-19-25 705/2400

立直は手段であって目的ではない

おばんです。困ったら立直です。

 

麻雀をやるうえで切っても切り離せないもの。それは

 

立直

 

ある時期、満貫以下は全部立直したい症候群にかかってしまい、ほとんどの手で立直をするようになってしまった。そう。別にそれ自体はそこまで問題ではなかった。多くの場面において立直orダマならリーチした方が得である。

 

 

 

 

細かい数値はこれらのに記載されているので参照してほしい。今から4~5年ほど前、麻雀に科学が普及され始めたころ、同時に立直の強さも普及しだした。自分もそれに感化された人間の一人である。

 

立直は強い!どう強いかは知らず、立直をすれば往々にして得であると信じ愚形2600立直も忠実に守っていた。だけれども勝てなかった。なぜか、それは目的をはき違えていたからだ。

 

麻雀の目的とは?人それぞれなんて言われたらそこでおしまいだが、麻雀はゲームである。基本は1位を取ることを目的となるはずである。何百、何千と打つのであれば、長期的な成績の最大化が目的であろう。この目的のための手段として立直が存在する。

 

しかし、自分はこう勘違いしていた。

 

立直をたくさん打てば勝てると

 

つまり本来勝つための手段である立直が目的に入れ代わっていたのだ。

 

 

 立直が目的になっていた自分はただただ先制立直を打つよう心掛けた。後手になったら押さず、ベタ降りをした。果たしてそれで勝てるのか。放銃が減る分ラス回数も少し減った。その代わり、押し返すことが極端に減り、トップも減った。

 

立直を目的としていると不思議なことにトップが減り、2着3着が増えた。押し返すというハイリスクハイリターンを避け続けたならば当然の結果といえよう。

 

ずっとこんな打ち方を続けていた自分に革命が起きたのはこの本を読んだからだ。

 

 

誰もが一向聴から押していないと思っていたが、この本でその常識が打ち破られた。

 

そしてこの時から速度よりも満貫思考になっていった。必然的に早いリーチよりも高いリーチを。立直を打つためにぶくぶくにするか、安全牌を抱えるかの選択が生まれた。打点が十分であればダマもするようになった。

 

そして最近はハネ満思考になっている。多少の速度を犠牲にしより高打点を。周りが満貫を目指すようになったのであれば自分はハネ満を。今までダマにしていたのも立直することも。

 

ある意味昔に戻った。先制ならダマ満貫でも立直をするようになり。後手を引いた時は平均打点も上がったこともあり、引き気味の選択をするようになった。

 

結果だけを見ればある意味元に戻ったように見えるが、中身はまるで違う。立直の扱い方が変わった。

 

ユーザネームにもあるように立直は自分の好きな役だ。より強い立直をかけれるように精進していこう。

門前一向聴VSチー聴1500点~困ったんだけどどうしよう~

悩んでるけど最近は好調の困ったら立直です。

 

できるもんなら立直したい症候群を患ってしまい、立直欲が抑えきれないこの頃。

 

そんな中で迷った場面が一つ

 

 

f:id:koma_reach:20200222142410j:plain

 

東2局の終盤でもうそろそろ聴牌を取りたいところ。6sが打たれた。3-6sは4枚目であり、少々薄くなってきたところ。しかし、4-7mも2-5pも場に出ておらず、もうワンスルーしても許されそう。しかもドラが出ておらず、鳴いた後の他家からの押し返しに大して難しい選択を迫らせる。

 

f:id:koma_reach:20200222142419j:plain

 

それでも鳴いた。門前聴牌ならば、満貫クラスまで見込めるが、どうせ3-6sがそれなりにネックである。ゆえに渋々チーをした。

 

f:id:koma_reach:20200222142415j:plain

 

結果としてすぐ和了できたのだが、何とも言えない。この勝負手といえる十分な手を1500点で終わらせて良かったものか。それとももう門前に固執するには遅いのか。

 

トップ取れたしまあいっか

 

現在の成績

16-8-8-16 885/2400

ダブ東症候群~頑張って重ねとけ~

まだまだ筋肉痛が治りません。困ったら立直です。

 

 

 ようは運動するとゲームの成績に良い影響をもたらすみたいです。昨日はラスを引いたということはまだまだ運動が足りないようです。七段になるのが先か、痩せるのが先か、降段が先か。見守っていてください。

 

f:id:koma_reach:20200222142025j:plain

 

突然の何切る。いろいろあるとは思うんですが

 

f:id:koma_reach:20200222142006j:plain

 

大体東を切ります。これは、この手格好だから東を切ったというより、自分が親じゃないときに東が1枚だけある場合はほとんど東を切ります。これはもう病気のごとく切ります。

 

昔から1打目に東を切って親に鳴かれたらよく同卓者に睨まれたりしましたが、そんなことは気にしない。別に親に鳴かれてもいいとは思っているわけではないです。鳴かれないに越したことはないです。1番鳴かれないタイミングは1順目になる。ただそれだけです。

 

 

www.komareach.work

 

そのせいでこんな時も1打目に東を切ったりもしますけどね。

 

f:id:koma_reach:20200222142009j:plain

 

もちろん親番であれば東は切らない。

 

f:id:koma_reach:20200222142012j:plain

 

たとえ1枚切られても

 

f:id:koma_reach:20200222142016j:plain

 

簡単には切らない。

 

f:id:koma_reach:20200222142020j:plain

 

重ねるまで待つのだ。そこまで重ねた東は強いのか?そう

ダブ東はそこまで強いのだ

まず打点が優秀。ダブ東+1翻で5800~7700までなるし、親満も簡単に作れる。そしてもう一つ優秀なのは

 

f:id:koma_reach:20200222142241j:plain

 

受けとしても優秀である。特に1枚切れのダブ東が一番優秀まである。攻めよし、受けよしの連風牌をうまく使えば打点も守備力も上がる。

 

f:id:koma_reach:20200222142237j:plain

 

ただ、見切りも大事。上は東が2枚切れているが、これは生牌であろうと東切りだ。ドラドラで十分打点もあり、門前聴牌が十分見込める。そんなときにわざわざ手を狭めてまで東を持つ必要はない。

 

ここら辺は確かこれに書いていたはず。

 

 

風牌をうまく扱い打点も守備力も上げていこう。

 

現在の成績

13-6-7-16 600/2400

何を切るか迷ったとき~次局を見据えろ~

全身筋肉痛の困ったら立直です。

 

昨日は札幌ボドゲ界隈?の方々とバドミントンをやりに行きました。

 

 

 大学4年生の時、当時の院生の方々+隣の研究室とほぼ毎週バドミントンをやっていたんですが、それ以来のバドミントンかつまともな運動をやってきました。

 

もう体がボロボロです。紙コップに注いだココアをパソコンにぶちまけるくらいにはボロボロでした。それでもボロボロなりに天鳳を頑張りました(ラス)

 

 

f:id:koma_reach:20200222141853j:plain



西入して心が痛い場面で下家の親が1副露。

 

ここでの選択はいろいろあるけどまずは牌効率を見てみよう



mahjong.org

 

タケオしゃんのサイトにはいつもお世話になっています。

 

最も広い一打は5m。次に3p、8s、4mとなっている。

 

打5m 一番広いが半分が愚形の受け入れとなっている。

打3p 筒子の4面張を壊して索子で多面張を狙う形、先に3-6mから入ってしまうと5-8sのノベ単になってしまう。

打8s 1pを引いた時にすべてが崩れる立直のみになってしまう。

打4m 受け入れが最も少ない代わりに絶対両面以上の聴牌に取れる。

 

とタケオシャンのサイトで牌効率を調べるといろいろメリットデメリットをゆっくり比較できるが、実践ではそんな時間もない。

 

では実践ではどう考えるか。まず考えることは点棒的にはあまり立直を打ちたくはない。立直を打つなら好形+満貫ぐらいの手じゃないと嫌である。

 

となると、筒子の4面張が崩れる3pが候補から外れ、両面待ちが消える5mも切らない。つまり3pと5mは最初から候補にないのである。あとは4mと5-8sの比較になる。

 

5-8s切りを選んだ理由は5m、7p引きの愚形聴牌でも妥協できる点である。この局で自分が1300を和了しても2着にはなれない。だが、次局で対面が親になるため、上下家の1300-2600以上のツモで逆転できる。1pは知らない。見なかったことにしてツモ切れば良い。

 

f:id:koma_reach:20200222141848j:plain


放銃したらダメなんだけどね。 

 

今回のように聴牌することが目的ではなく、最低役あり聴牌できる限り好形であれば

 


8s。好形以外望まないのであれば4m。終盤でなんでもいいから聴牌を取りたいときは3pや5mという選択肢が出てくる。場面によって使い分けよう。

 

形に弱いときはウザク本がおすすめだ。

 

 

 

これを何回も繰り返せばこんな時も困らないだろう。じゃないとこんな成績をとる羽目になるぞ

 

現在の成績

10-6-5-15 495/2400

信じれるものは染め手だけ~困ったら染めておけ~

ちょっとずつptを回収しています。困ったら立直です。

 

失ったものはしょうがないのでコツコツ集めなおそう。辛いときは推しをみて回復するんだ。

 

 

www.komareach.work

 

 

二日合わせて32半荘。この間-735pt。最後の7半荘はラスなしで過ごしておりちょっとずつ回復。

 

この7半荘が決定打が程よく決まり安定して打てていた。その決定打というのは染め手である。

 

f:id:koma_reach:20200222141353j:plain

 

こんな風に配牌から染めなさいと指示が出されている手牌もあったが。

 

f:id:koma_reach:20200222141336j:plain

 

こういう手牌も

 

f:id:koma_reach:20200222141340j:plain

 

こんな風になるときはなるもんだ。間違っても1打目で字牌切らずに、最終形を見据えて打とう(戒め)

 

個人的に染め手を作ろうとするときには捨て牌を意識するときとしないときがある。意識するときは1~2副露で完成するような混一が色濃く見える手牌。そんなときの切り順は自分の持っている染め手じゃない色の牌をより外側から切る。そしてできる限り単純な塔子落としを見せない。

 

f:id:koma_reach:20200222141710j:plain

 

これは4sと東の切り順は逆になっていた方がよかったかな。気をつけれるときだけちょっと注意しよう。

 

 

f:id:koma_reach:20200222141344j:plain

 

これも染めてしまえ。こんな手牌大体聴牌しないし、したところで愚形3900が関の山である。だったら鳴いて5800~18000クラスの手に作り上げよう。どうせ9pポンで比較的染め手と思われてしまうのなら捨て牌など気にしない。何なら手出しを多くした方が上家がなめてかかってきてくれることがある。

 

f:id:koma_reach:20200222141348j:plain

 

ただし、降り時はちゃんと見極めること。出ないとこんな風に手痛い出費になるぞ。正直対面の跳満は反則でしょ。上家の仕掛けに対しては降りた方が良い説はある。

 

 

現在の成績

9-5-5-13 630/2400

 

メンタルの保ち方~推しがいれば怖くない~

5段に落ちそうです。困ったら立直です。

 

リプをくださった皆さんありがとうございます。特に赤5s切り立直に対しての1m放銃はもうひどいですね。宣言牌が赤だってことをブログを書いていても気づかず、指摘されて初めて気づきました。

 

 

あれからもラスが続いてつらいです。

 

そんな時、自分を支えてくれるもの何か、

 

それは

 

推し

 

推しがいるから頑張れる。2次元、3次元問わず皆さんにも推しがいると思います。

 

僕の推しはそう

 

f:id:koma_reach:20200222141225j:plain


 

耳郎響香ちゃんである。

 

かわいい

 

僕のヒーローアカデミアといえばちょうど昨日から第4期の文化祭編が始まったところである。

 

文化祭編は実質耳郎ちゃんが主役になっているのである。みんな原作を読むのだ。もう耳郎ちゃんのかわいさは知っていると思うけど再確認してほしい。

 

 

 

そしてアニメも見るのだ。もちろん4期の1話目は見たよね。

 


ヒロアカ TVアニメ4期「文化祭編」ノンクレジットOPムービー/『僕のヒーローアカデミア』/OPテーマ:「スターマーカー」KANA-BOON

 

OPからもうやばい。ギターケース持って走る姿とか実質けいおん!じゃん。もう覇権じゃん。

 

そんな耳郎ちゃんの第1話での活躍というと

 

無し

 

まさかの出演はOPのみ。だがOPのおかげで耳郎ちゃんを見れることに感謝するのだ...

ただ、進行的に次週も出るかは微妙。

 

えっ?自宅にテレビがない?なら今すぐU-NEXTに登録するのだ

 

 

U-NEXTとはわれらが朝倉・石橋・小林・瑞原属するU-NEXT Piratesの母体企業である。(申し訳程度の麻雀要素)

こちらでは1~4期の配信が行われている。

 

ちゃんと登録して、手元に耳郎ちゃんのフィギュアを携えて来週の放送に備えるのだ。