困ったら立直の天鳳日記

麻雀プロ(特南民)が天鳳位を目指すブログ

デブ活~俺はこうやって太った~

みなさんこんにちは。デブです。(ネタをパクっていく)

 

f:id:koma_reach:20200222145129j:plain

 

身長161cm。体重70kg。イメージ的には下忍時代の秋道チョウジよりはやせてるけど中忍時代の秋道チョウジよりはお腹に肉がついている感じの体形。

 

 

BMI的に言えば適正体重は50kg台まで落とす必要がある。自分は身長が中学3年からほとんど変わっていない。そのため、今から10数年ほど前の体形にしなければならない。

 

正直厳しい。大変自分は偏食であり、野菜全般が嫌いである。大体肉か魚ばかりを食べ、食後のデザートも欠かさなかった。その結果がこの体重である。

 

 

f:id:koma_reach:20200222145133j:plain

 

肉を食い

 

f:id:koma_reach:20200222145137j:plain

 

魚を食べ、

 

f:id:koma_reach:20200222145140j:plain

 

からの肉を食べて、

 

f:id:koma_reach:20200222145120j:plain

 

そして大量のデザートを摂取。

 

全ての痩せたい人間に告ぐ。痩せたければ運動をしろ!そして標準量の食事をしろ!

 

太ってきたからわかる。確かに食べ過ぎていた。そして麻雀ばっかしていて運動は全然していなかった。考えるだけで痩せるわけなんかないだろ!それで痩せるのはDEATH NOTEのLだけだ!

 

俺は痩せるぞ!そのためにジムにも通い出した。いろいろ買った。筋トレして、走って太りにくい体を作るのだ。

 

 

 

そういってジムに通ってはや三ヶ月。

 

一向に減らない

 

なぜか...それは食べる量が減っていないからだ。

 

f:id:koma_reach:20200222145125j:plain

 

どれぐらい食べるかというと、皆さんご存知。リクローおじさんのチーズケーキ。これを一人でさらっと平らげるぐらいには食べる。

 

そりゃ痩せん...

 

これからも野菜を食べるつもりはほとんどないけど、せめて適切な量に控えて、それなりに運動し、頑張って痩せます。

 

 

 

奇跡のフリ聴ツモ~困ったら聴牌取っとけ~

こんなツモが許されるのか。困ったら立直です。

 

 

www.komareach.work

 

僕は染め手が好きです。好きだけどもむやみやたらと使うわけじゃあない。

 

例えば

 

f:id:koma_reach:20200222144716j:plain

 

こんな手であれば立直を目指して字牌から切っていく。

 

f:id:koma_reach:20200222144711j:plain

 

立直が打てるなら最低限の打点が確保される。ならば無理に染める必要はない。

 

f:id:koma_reach:20200222144750j:plain


門前でも打点が見込めないなら積極的に染めていこう。

 

f:id:koma_reach:20200222144755j:plain

 

思ったより進まなかった。そんなときは。

 

f:id:koma_reach:20200222144758j:plain

 

もう聴牌しましたよアピールをやってみた。2副露+字牌と索子を1つずつ。だいぶ聴牌ぽっくみせれた自信あり。あとはこれに対して切ってくる牌を要チェックして他家が降りているか押しているかを把握しておくのが大事だ。

 

f:id:koma_reach:20200222144802j:plain

 

対面が2sプッシュからの8sポン。こういう時はがむしゃらに聴牌に向かわずに

 

f:id:koma_reach:20200222144805j:plain

 

少し落ち着こう。1p、1s、8mどれも対面には通りそうだが、いったん南からだ。それでも聴牌が取れそうならギリギリまで行く。

 

f:id:koma_reach:20200222144809j:plain

 

まさかのチャンタのフリ聴。どうやってこの形を想像できただろうか。

 

 

f:id:koma_reach:20200222144812j:plain

 

もちろん、鉄鳴きですよね。(流行に乗っていく)

 

f:id:koma_reach:20200222144816j:plain

 

白を切った方がアガりやすいのだが、ここは聴牌維持を重視。次巡以降何を引いても發切りで役あり聴牌が維持できる。

 

f:id:koma_reach:20200222144820j:plain

 

誰がこんなアガリを想像できただろうか。僥倖の1300・2600である。

 

こんなアガリをされたら自分ならキレる。どっから仕掛けとるんじゃいと。でもしょうがない。相手に対して嫌なことをしていくゲームなのだから。その結果がこれだ。どんな結果になろうとも、自分はあの西をこれからも鳴いていくだろう。

 

 

現在の成績

36-25-24-28 1455/2400

 

立直だったらなんでもいいわけではない~困ったら立直しておけ~

原点復帰しました。困ったら立直です。

 

どうも最近配牌がとても良い。ちなみに特上通算記録での配牌平均向聴数は3.576向聴でした。

 

それでもよく配牌二向聴とかはありますね。たとえば

 

f:id:koma_reach:20200222144531j:plain

 

これを

 

f:id:koma_reach:20200222144534j:plain

 

こうじゃ。これをダマにするかは諸説あり。自分は立直より。なぜなら打点変化が少ない。赤を引く以外で打点が変わらないためそんな手はさっさとリーチだ。

 

f:id:koma_reach:20200222144538j:plain

 

時代は3順目聴牌

 

f:id:koma_reach:20200222144542j:plain

 

これは聴牌外し。でも正直聴牌外しはあまりよくない選択だと思われる。感覚的には立直した方が良いけど聴牌取らずもまあなくはないかなぐらい。

 

前の図面では愚形でも即リーをしていた。あれは打点変化がほとんどないためです。今回はどうだ。打点変化はある。だが、それは平和の変化である。現状2000点の手を何順目までなら2900変化を見ていいのか。ほとんどの巡目で立直した方が得だと思われる。

 

きっと、自分は打点変化、待ち変化する枚数が○枚以上なら立直を待とう”!っていう基準がちょっと甘いんだろう。よく言われているのが2連形が2つあって聴牌外しをするという基準。たとえばこんな形

 

 

f:id:koma_reach:20200216221319p:plain

 

こういうのは基本は打9sの聴牌取らずだ。こういう基準を自分は4連携1つまでに下げている。

 

2段間中盤でもおそらく外すことが多い。3段目は渋々立直を打つ。

 

f:id:koma_reach:20200222144546j:plain


あれがタンピンになることなんてめったにない。これは偶然だ。自分もあの手牌がこうなるとはみじんも思っていない。基本は立直だ。まだ他家よりも十分早かったり、聴牌外しをしてから立直を受けてもうまく立ち回れると思うなら多少受け入れが広くなくても聴牌外しという選択があることを覚えておこう。

 

現在の成績

34-23-24-27 1365/2400

 

読んで通せる牌~困ったら立直しておけ~

聴牌したら立直したいとは思っています。困ったら立直です。

 

今回は読みとかいうあまり触れたくない話題について触れたいと思います。

 

ただ、今回のは読みなのかただの予想だったのか微妙なラインなのでこれをどう解釈するかはお任せします。

 

ちょうどYouTubeLiveで配信しているときに遭遇した手牌なんですが

 

f:id:koma_reach:20200222144246j:plain

 

上家が中ポン打6m

 

f:id:koma_reach:20200222144249j:plain

 

9pの対子落としと東の手出しを挟んで中の加槓

 

f:id:koma_reach:20200222144237j:plain

 

そして6p手出しからの聴牌。だけども切り出す牌は生牌の白。

 

ここでふと過去に最高位戦の勉強会で遭遇した手牌を思い出しました。自分が二つ仕掛けて断ヤオドラ3の聴牌。そこに子二人から立直が入り、さらに親の仕掛けも入ったところに生牌の白を引いて渋々降りました。直後に親がアガリ、山と手牌を開けると、白はすべて王牌だったという落ちでした。

 

ここで勉強会にいらっしゃっていた新井啓文プロから一言。

 

「その白が当たるとしたら白と何のシャボに当たると思う?」

 

それで捨て牌の手出しとツモ切りを整理してみると一人は両面塔子落とし、一人は翻牌の対子落とし、一人は19牌の対子落としをしていました。

 

確かに、白が雀頭にこそなっていることはあっても待ちになっていることは結構少なそうだから、その白は3人に対して比較的押しやすい牌であると。

 

こんな話をしたのをちょうど思い出し、それを踏まえてさっきの状況をもう一度見てみよう。

 

f:id:koma_reach:20200222144237j:plain


上家は9pの対子落としをしている。もし白が当たるのであれば、白の合い方になるであろう牌はいったいなんだ。他のヤオチュー牌はかろうじて北が残っているぐらい。最終手出しが6pであればドラと白のシャボはあるかというと、少し考えにくい。どのタイミングから446pという形をもっていたのであろうか。最初からなら筒子の切り順は6→8→9→9になりそうじゃないか?じゃあ5pが対子?素直に4-7pに受けそう。

 

どちらかというとこの6pは空切りやスライド、または筒子が完成した形ではなかろうか

 

f:id:koma_reach:20200222144242j:plain

 

今回は偶然スライドだった。これを読みというのかは怪しい。だいぶ想像の域を出ないと思う。とはいえ考えることは大事。読みなんて大半が予想であって、濃淡を図るための手段でしかない。そんなの読みじゃないよと頭ごなしに否定されてしまったらそれこそ成長しない。自分で考えて実行して振り返って反省を繰り返して成長するのだ。

次の半荘で少しでも自分が成長するためにやれることは何でもやってみよう。

 

国士無双VS九種九牌~困ったら流しとけ~

役満をアガったことがほとんどありません。困ったら立直です。

 

f:id:koma_reach:20200213205847p:plain

 

どうやら記録を取り始めて1571半荘。役満四暗刻一度のみみたいです。確かにほとんどトイトイ三暗刻になっていたし、九種九牌は流していたし。あんまり記憶にないですね。

 

f:id:koma_reach:20200222144053j:plain

 

そこになんと人生初の十種十一牌が訪れた。

f:id:koma_reach:20200222144057j:plain

 

国士無双を目指して4mを打った。残り9m、東、白の3種12牌。気持ち的には配牌七対子の二向聴ぐらいの気持ちで。結構成就するだろうと思いながら4mを切っていった。

 

ただどこかで聞いたことがある。配牌国士無双二向聴ですら和了率はわずかであると。(具体的な数値は忘れた)

供託と積み棒が2本ずつでありアガった時の見返りが十分大きいので国士無双なぞを目指さずに無難に流しておくべきだったか。これが平場かつ子であれば国士GOGOでよかったんだろうけど。

 

f:id:koma_reach:20200222144100j:plain

 

上家から立直が来て即撤退。悠長なことするんじゃなかった。

 

f:id:koma_reach:20200222144046j:plain

 

そしてここにきて完全安牌無し。追っかけ立直に必ず通る北VSカンチャンシャボ単騎に当たる3sの選択

 

f:id:koma_reach:20200222144050j:plain

 

どっちも通ったけど北のほうでよかったのかな?普段の安定志向を考えたら九種九牌で流しておくべきだったんだろうけどちょっとテンションが上がってしまったがために目指した国士無双。その結果得たのは次局での満貫ツモと4600点のおまけだ!

 

現在の成績

30-22-22-26 1155/2400

 

ダマVS立直~困ったらダマにしておけ~

アイデンティティの喪失。困ったら立直です。

 

ユーザーネームを困ったらダマに変えたいんだけど角田さんどうにかしてくれませんかね?

 

 

f:id:koma_reach:20200222143237j:plain

 

どうにかトップ目の南2局。対面の親と2着の上家が仕掛けを入れている中で2-5p聴牌

 

f:id:koma_reach:20200222143241j:plain

 

9m切りダマを選択。フラットな状況であれば喜んで立直をするんだろうが、残念なことに、状況を考えるとダマのほうが優位に思えてしまったがために、立直ボタンを押さなかった。

 

まず1つ目に筒子が異様に高いこと。単純に2-5筒に自信がなかった。

 

そして2つ目にドラが何一つ見えていないこと。この状況で上家と対面が1000点1500点なんてことがあるのだろうか。

 

そして3つ目に放銃が致命傷になりかねない。特に親満なんかに放銃した日には立ち直れそうにもない。一気にラス争いだ。

 

立直のメリットはアガリ切ったときに1位率が高くなることだ。ここで満貫を決めれたらこの半荘は1位で終われそうだ。

 

この手をダマにするのは弱気すぎたのだろうか。

 

 

f:id:koma_reach:20200222143245j:plain

 

結果論を言うのは簡単だ。親には本手が入っており放銃したら一気にラスだったし、2-5pもほとんどなかった。だが、立直をかけていたら満貫のツモ和了となっており、トップの決定打を打てていただろう。

 

どっちが選択が優れているかはわからないが、安定を求めた行動としては正しい選択を選べただろう。

 

f:id:koma_reach:20200222143249j:plain

 

親番でダブ東対子の赤赤ドラの超勝負手が入った。ここで東を鳴くつもりはなく、これは立直して6000オールのつもりだった。

 

f:id:koma_reach:20200222143253j:plain

 

そしてこの3sである。カンチャンとはいえドラ3聴牌。もちろん

 

f:id:koma_reach:20200222143443j:plain

 

ダマである。平均的に考えて親の立直に対して仕掛けた子の2人は降りる可能性が高い。おそらくまだノーテンだろうし、打点もそこまで高くないだろう。なんせダブドラの赤5pも持っておりさらに赤5sも持っているのだ。あとは対面だが、彼も特段は速そうでもない。降りられたらそうそう4sは出てこない。であればよりうれしい形、1,2,3,5,6s,東を待ってもいい順目だろう。

 

f:id:koma_reach:20200222143430j:plain

 

が、上家が3mをチーして打6s。一般的に捨て牌が2段目に入り2副露で聴牌率が50%程と言われている。それに上家はまだ手出しも少ない。まだ一向聴ぐらいの可能性がも十分あるだろう。であれば彼にとって一番困ることをしてあげよう。

 

f:id:koma_reach:20200222143434j:plain

 

予想が当たるととてもうれしいものだ。ただ正直うまぶった感がとても否めない!素直に即リーした方が良いのではと思う。

 

f:id:koma_reach:20200222143438j:plain

 

結果は下家が悲しくも中筋になりちょうど聴牌したがために犠牲になってしまった。

 

アイデンティティ的にはリーチした方が良いんだろうけど最近はこういう時にダマにするのがマイブームである。どうにかptを少しずつ戻しているがこれはダマの成果なのか、それとも偶然なのかそれはわからない。わかっているのは自分はツイていたということだ!

 

現在の成績

28-18-21-25 1005/2400

 

 

風邪をひいても天鳳~困ったら休め~

ラスりました。困ったら立直です。

 

体調が悪いときはちゃんと休むべきでした。熱が38度ほど。さすがに休もうと。その日予定が入っていた人狼会をドタキャンして帰宅。

 

しかし、帰ってきたらいつものルーティーンで天鳳を起動。その結果がこれ

 

f:id:koma_reach:20200211200141p:plain

 

一気にptを失い気分も悪くしてしまった。どんな感じでラスったかというとこんな感じだ。

 

f:id:koma_reach:20200222142611j:plain

 

追っかけ立直に負け

 

f:id:koma_reach:20200222142616j:plain

 

仕掛けにも放銃し、

 

f:id:koma_reach:20200222142619j:plain

 

ダマ跳満に直撃しラス。

 

f:id:koma_reach:20200222142623j:plain

 

俺にどうしろと...これは神様が休みなさいといっているのか。それでもptを増やすために何度も右3を押す

 

 

f:id:koma_reach:20200211201259p:plain

 

もうだめだ...おしまいだ....

 

アガレない症候群を発症して安定のラス。オーラスの怒涛の3連打も全て不発に終わってしまった。

 

f:id:koma_reach:20200222142626j:plain

f:id:koma_reach:20200222142630j:plain

 

f:id:koma_reach:20200222142635j:plain

 

f:id:koma_reach:20200222142601j:plain

 

f:id:koma_reach:20200222142607j:plain


 

渾身の対々も報われず。連ラスで心が折れそうなあなたへ

 

 

 

現在の成績

24-18-19-25 705/2400