困ったら立直の天鳳日記

麻雀プロ(特南民)が天鳳位を目指すブログ

大明槓の使いどころ~たまには声を出していけ~

僕は槓はしていません。困ったら立直です。

 

さっきの半荘で久しぶりに大明槓に遭遇したんで詳しく見ていきたいと思います。

 

まずそもそも大明槓なんですけど、皆さん知っての通りあまり活用する場面がない。門前からであれば、少しの符と槓ドラを得るために、立直を裏ドラの権利を放棄してしまい、打点上昇という点では見合っていない。そして相手に対してカン裏ドラをプレゼントするため、立直された場合にはとても不利な立場にならざるを得ない。

 

これをまとめると

 

①大明槓の使い時はすでに副露をしているor副露前提の手で

 

②打点上昇が見込めて

 

③相手がそこまで早くなさそう(=立直が来なさそう)な時

 

この3つの条件を満たしたときには十分有効なものであると考えらる。

ではこれはどうだろうか

 

 

f:id:koma_reach:20200310191904j:plain

 

一つずつ考えていこう。

 

①大明槓の使い時はすでに副露をしているor副露前提の手

すでに副露しているため問題なし。

 

②打点上昇が見込める

大明槓することで打点が3900から5200へ。ドラが一つ以上載れば満貫以上になるため、メリットは十分にある。

 

③相手がそこまで早くなさそう(=立直が来なさそう)な時

4順目聴牌は明確に先手をとれているといっても過言ではない。愚形とはいえ他家の立直までにアガリきる可能性も十分高い。

 

ゆえにこの状況での8m大明槓は良い選択だと思う。正直自分はこの8m声が出るかは怪しい。

 

 

f:id:koma_reach:20200310191909j:plain

 

ではこれはどうだろう。

 

①大明槓の使い時はすでに副露をしているor副露前提の手

これもすでに副露しているため問題なし。

 

②打点上昇が見込める

今回はどうだろうか。打点は5200から6400の変化だが、いかんせんドラが乗りにくい。特に8,9pを並んで持っているため、一番乗ってほしい9pがドラになる確率がとても低い。そして大明槓をすることで三暗刻の変化をなくしてしまっている。この槓は実質打点を下げている可能性すらある。

 

③相手がそこまで早くなさそう(=立直が来なさそう)な時

4人で打っていると1段目が終わるとき(7順目)には一向聴が一人はいるといわれている。つまり現状は先手を取っているがすぐに並ばれる可能性が十分高い。待ちも比較的悪いく、立直とぶつかったときには聴牌をしていて安牌がないゆえにどれだけ危険であろうと立直に対して押さざるを得なくなってしまう。

 

以上からこの9pは鳴かない方が良さげだと思う。正直大明槓はしないことで大きなロスになることは少ないので、わかんなかったらスルーするぐらいがちょうどいい。

 

皆さん用量用法を守って大明槓を使っていこう。

 

現在の成績

16-8-12-9 750/2400

 

ルールによって打牌は変わる?~困ったらあがりやすい方~

良い感じにptは回復してきました。困ったら立直です。

 

いい加減このptの反復横跳びを辞めたいんだけどまだまだ続く。

 

今日は天鳳ゆえに迷わず選択できたけど、ほかのルールならどうするのか迷うとおもうのでいい機会だし言語化しておこう。

 

f:id:koma_reach:20200308173325j:plain

 

オーラス2着目トップとは800点差でありアガれば何でもオッケーの状況。

4順目という速さで聴牌。ただ、同じカンチャン待ちといえど打点は天と地の差がある。もちろんここで切る牌は

 

f:id:koma_reach:20200308173336j:plain

 

3pである。

 

www.komareach.work

 

過去にはとりあえず高めに受けとけという記事も書いていた。出アガリで2600と8000と大きな差があるが、もう一つ大きな差がある。それは出アガリのしやすさである。

 

今回は上3人ができる限り早く(親はちょっと頑張るけど)アガリに来るためあまり状況が不適切な気もするが、基本はドラ受けよりもドラ受けじゃない方がアガリやすい。

 

天鳳では素点が関係なく、着順がすべてなため上がりやすい方を選ぶべきである。そのためこの3p切りは特に変でもないであろう。

 

ではこれが別のルールであったら?最高位戦ルール、協会ルール、Mリーグルールで考えてみよう。

 

おそらく素点よりもトップ率を重視するMリーグルールと協会ルールであれば同じく打3pとなるのではないだろうか。では最高位戦ルールであればどうだろう。最高位戦ではオカがない。そのため、トップ率よりも平均順位のほうが重視される。そしてないがしろにしてはいけないのが、素点である。

 

この手牌で2600でアガった場合最高位戦ルールの場合は+37.3ptとなる。(3万点3万返しのため各家に+5000したものと考える。)

これはつまるところ7300点以上の点棒支出があった状態でラスを引いた場合には割に合わない結果となる。なのでラスを引いた時は大体今回得たptより大きなマイナスになってしまう。

 

なので例えばリーグ戦第1節の1戦目なんかは7pを切る選択が出てくる。リーグ戦の終盤にもなると何とも言えないし、これで親にアガられて3着に落ちようもんなら実質40ptの損失になるため怪しいところがあるが、ラス目の対面を含めて全員が普通に和了に向かうため、親の和了率も20%ちょいぐらいなのでそこまでそんな選択ではないであろう。和了辞めもないしね。

 

とまあ自分が実際遭遇したらビビッて3p切りそうだけどもこうやって考えるのが大事。そして言語化するのもね。

 

 

 

 

協会の中嶋プロみたく言語化が得意な人は自分の中で線引きがしっかりされていて成績も安定するであろう。とりあえず目指せ鳳卓!

 

現在の成績

14-8-10-7 840/2400

 

聴牌から聴牌の鳴き~困ったら鳴いとけ~

ぶっちゃけ普通のことです。ただ承認欲求を満たすために載せました。困ったら立直です。

 

ちょっと個人的に気持ちいい満貫がアガれたので自慢しますね。

 

 

f:id:koma_reach:20200306215352j:plain

 

345の三色にならずの聴牌。打点は5200とそれなりの打点。

 

f:id:koma_reach:20200306215356j:plain


 8m切りダマ。

 

www.komareach.work

 

こういう時にダマにするのが最近のブーム。単純に5200の愚形はそこそこダマ優位。手変わりしたときに打点が下がるようならちょっと立直有利。今回の手変わりは2.3.5.6mの4種12牌ある。このうち打点が下がらないものは3種8牌と少ない。だけども現状の4m待ちがさすがに弱いためダマ優位と判断。そしてもう一つ大きな要素が。

 

f:id:koma_reach:20200306215401j:plain

 

この3sをチーして

 

f:id:koma_reach:20200306215406j:plain

 

満貫変化がある。

 

f:id:koma_reach:20200306215412j:plain

 

そしてこのドヤツモ。この満貫もありトップをとれた。やはり時代は打点。

 

 

www.komareach.work

 

単純な打点を見るんであれば立直に決まっているが、和了率とのバランスをとることが大事。

 

こんなこと言っているけど単純に3sチーからの4mツモが気持ち良すぎて自慢したかっただけです。すいません。

 

現在の成績

9-5-8-2 900/2400

 

高打点を狙う~困ったら高めに受けとけ~

うまくいったものだけ載せています。困ったら立直です。

 

やっぱり時代は高打点。満貫跳満をアガるのは気持ちいいものだ。そして高打点のアガリはその対局の順位にとても大きく影響する。一回の放銃よりも一回の高打点のアガリ逃しのほうが罪は重い。これは天鳳でもいえることだろう。

 

天鳳ではラス回避が重要と言われている。それはラスになったときに失うptが大きいからだ。だがラスはすべて避けられるものではない。誰だっていつかはラスを取る。

Mリーガーの近藤誠一プロだってとうとうラスを取ってしまったのだ。であれば俺がラスを取るのも必然。

 

大事なことはラスを取るまでの間にどれほどトップをとれるかが重要だ。確かここら辺はZeroさんが言っていた気がする。詳しく知りたい人は頑張って探してくれ。

 

f:id:koma_reach:20200305191104j:plain

 

例えばこの場面。鳴くのはもちろんだが、5pと6pのどちらを切るか。この流れでお分かりであろう。

 

 

f:id:koma_reach:20200305191006j:plain

 

もちろん6p切りだ。シャボに受ければ確定満貫である。ただこれは何でもかんでもシャボに受けろと言っているわけではない。ドラじゃない方の相方がそれなりに優秀だからである。中張牌として2、8は最も優秀な牌である。もしこれが5sやら6sやらの真ん中の牌であれば待ちは4-7pにしていたであろう。

 

f:id:koma_reach:20200305191014j:plain

 

僥倖の跳満ツモ。まさかの4枚とも山にいたとは思わなかった。

 

 

f:id:koma_reach:20200305191027j:plain

時は移りちょうど聴牌。立直はもちろんなのだが3mを切って両面に受けるか6mを切って三色にするかの選択。

 

f:id:koma_reach:20200305191033j:plain

実はこれは3色確定に受けた方が良いという統計が出ている。ではどういうときに確定に受けた方が良いかをしっかりと言語化しよう。

 

例えば、両面に受けたときに最低打点が3900以上になるのであればそれは両面でリーチした方が良い。確定にすべき時は両面にしても立直のみの場合やメンピンのみになってしまうときだ。

 

ここまでは今まで出てきた戦術本に書いてあるはずである。

 

 

 

確かこの本のどこかに載っているはず。違ったらゴメンネ。

 

上の条件に加えて自分はもう一つ重要視している要素がある。それは枚数である。上の場合では4mと7mの枚数の比較であるが、見た目枚数で7mの枚数>=4mの枚数×2の時は両面にする。

 

www.youtube.com

 

平澤元気さんの動画でもあるように単純に和了率が半分になるわけではない。ゆえに4mと7mが同じ枚数あり、打点にそれなりの差があるのならばカンチャンに受ける。だけども7mの半分。たとえば7mが4枚、4mが2枚であるとすると、6枚から2枚に減らすことになる。これはさすがに和了率の減少が大きい。こういうときは和了率を優先して両面だ。

 

f:id:koma_reach:20200305191044j:plain

 

 こうやって満貫をかっさらっていくのだ。高打点を常に狙い。自分を有利な状況に置き、そのゲームを支配するのだ。

 

 

ネカフェのすゝめ~アイスが食べ放題~

 難民ではないですがよくネカフェは使います。困ったら立直です。

 

この後予定があるんだけど1~2時間暇だなってときありませんか?そんな時におすすめなのがネカフェです。

 

f:id:koma_reach:20200304165147j:plain

 

まず大量の漫画が置いてある。ぶっちゃけこれだけで半日はつぶせる。自分がネカフェに行ったときに必ずと言っていいほど読む漫画があるんですよ。

 

 

 

諸説あるとは思うけど個人的には週刊少年ジャンプ史上一番面白かった漫画。VS我王だったりVSペンタゴン戦とかは色々言われたりはしているけど個人的には好き。

ちなみに一番好きなキャラはコバンザメ先輩です。

 

 

f:id:koma_reach:20200304170504j:plain

 

名シーンばっかですぐ泣ける。

 

 

漫画も読めて、ネットも完備。だけども問題がある。それは

 

腹が減る...

 

ネカフェのご飯ってやっぱりちょっと高いんですよね。そんなときは、

 

f:id:koma_reach:20200304171058j:plain

 

これよ...ソフトクリームは食べ放題よ。これで腹は満たせるのだ。つまり食事も

 

 

実質タダ。

 

 

www.komareach.work

 

ちなみにこんな生活ばっかりしているから太った。みんなもネカフェに入り浸るの良いけどちゃんと運動はするんだよ。お兄さんとの約束だ。

 

ダマ放銃への増加~確かにこれはダマ~

今月1戦目にトップを取ってから13戦トップ無しの困ったら立直です。

 

思うようにptを増やせて行けていないのですが、打たなければptは増えない。もくもくと打って入るのですが3着を大量生産。

 

 

www.komareach.work

 

 

少し前に他家のダマ聴について取り上げて、どれも立直した方が得だ!と取り上げたのですが、日を重ねるごとにダマ聴遭遇率がだいぶ増加しました。たとえば

 

f:id:koma_reach:20200302200259j:plain

 

親の愚形ダマ満貫。わかる。さすがにこれはダマ有利だ。放銃したことには煮えたがこれは仕方ないと思っている。あの手牌をもらって立直する場面ってどんな時だろう。

子から先制立直が入って待ちが現物にも筋にもなっていないときとか、オーラスの跳満、倍満条件の時ぐらいかな。

 

f:id:koma_reach:20200302200254j:plain

 

これがラス前だということと点棒状況的にダマにしていたんだろう。でも、もしこれが東1局で同じ状況だった場合どうだろう。その場合はちょっと立直有利ではないか?

 

この手の打点アップになる牌は赤5mと6m。一応7m引きも高めが満貫になる。残りの変化はすべて待ち牌変化である。であれば立直も結構ありなのではないだろうか。

 

あっ、放銃したことは気にしないよ。今出るか次巡に出るかの違いだし。

 

f:id:koma_reach:20200302200249j:plain

 

きっとこれも点棒状況込みでダマにしていたんだろう。もちろんこれが平場なら立直をしているだろう。何かで読んだんだけどたしか愚形5200はダマ有利みたいな感じだったんだけど、最近はちょうどこの手牌みたくもう手牌変化がないような手だった場合は立直した方が良いらしい。

 

たとえば

 

f:id:koma_reach:20200302203050p:plain

 

こんな手であればダマにするんであろう。

 

ただ一つ言いたい。今回の放銃は...

 

仕方ない

 

現在の成績

1-4-7-2 345/2400

 

2月月間成績

ぎりぎり六段です。困ったら立直です。

 

今月の成績は先月と比べて見るも無残な姿になりました。

 

 

www.komareach.work

 

 

                    1月   2月

1位率       0.247   0.265(0.018↑)

2位率       0.284   0.259(0.025↓)

3位率       0.237   0.197(0.040↓)

4位率       0.232   0.276(0.042↑)

平均順位  2.44     2.48

安定段位  5.77     4.67

 

 

天鳳の牌譜解析を見てみると今月はほかの月に比べて放銃率が1%程高かった。

 

全てはこれに集約されるだろう。非立直時の放銃が多く、かつ一発での放銃が多かったようだ。こういう時にこういう解析データは役に立つ。

 

 

www.komareach.work

 

こんな風にぎりぎりまで押していくこともあったが、単純に放銃の多さ=ラス率の高さにつながるということだ。

 

www.komareach.work

 

少々引き気味に打った方が良い結果につながるのではないだろうか?トップ率自体は先月よりも高いのだ。これで放銃を抑えてラス率が下がれば、ptは回復していくだろう。

 

今月で唯一誇れるものは打数の多さだ。今月は177半荘。実に先月の1.7倍もの数をこなした。面白いものは牌譜解析上では先月のデータと比較的に足すうちばかりを取っているということ。なんだかんだ平均打点や平均放銃点副露率はさほど変わっていない。

 

変わったものは和了率と放銃率。細かい切り順などが響いてこんな結果につながったのだろうか。

 

 

 
 
何度でも宣伝するが、ウザク本の力を借りてもう一度勉強しなおそう。